空室改善なら株式会社さんらいず

 今までの賃貸市場では、賃貸会社の営業マンの営業力が、物件の入居率に大きく影響してきましたが、
現在では急速なスマートフォン・インターネットの普及により、お客様は自らお部屋を探し、
「ネット上で45%決めてくる。」と、言われています。
 そこで、物件自体の商品価値を高め、お客様に「選ばれる物件」にすることが非常に重要になり空室改善につながります。

POINT!

リフォームとは違うリノベーションで競合物件との差別化を図ることが入居率UPへのポイントとなります。