空室改善なら株式会社さんらいず

Colors エコリノベと
通常の原状回復工事との比較

タス賃貸住宅市場レポート(2018.9月)によると、近畿(大阪・兵庫・京都)の賃貸住宅の平均空室期間は5.75ヵ月と非常に長く、原状回復工事を選んだ場合、工事費プラス空室期間分のお家賃の損失や賃貸仲介会社への広告費など空室期間が増えるほど、実質的コストが増えていきます。
さんらいずの効果的なリノーベーションを選んでいただければ、それらのコストは削減でき、結果として現状回復工事より、コスト面でもメリットが大きくなることが多く、たくさんのオーナー様に選んでいただき、リピートしていただいています。

プロ監修のデザインで仕上がりよく、他物件と差別化

リノベーションにより予防的補修され、今後の補修工事(電気工事・塗装工事)が大幅に削減。
工事費もお安くなり、競合物件との競争力を維持できます。